wbfdoronのブログ

千歳起点で17年度SFC修行を終えました。長時間飛行機に乗るのは苦手です。

UA特典 12

私としては、UA特典で国内線に乗っていれば面白いのでそれで満足しているのですが、

同じ事ばかりやっていると、頭が固くなってしまいますから、( つまり進歩がないということですね )

応用編というか、UAマイルの世界にもう少々踏み込んで、

周遊特典 ( エクスカーショニスト・パーク )

を体験してみたいと思います。

まずはUAのアプリで、参考例として予約可能な旅程を表示してみます。

 


f:id:wbfdoron:20180617185049j:image

 


f:id:wbfdoron:20180617185149j:image


f:id:wbfdoron:20180617185222j:image

 

上記の旅程はあくまで例として取上げたものですから、

実際には予約していません。

まず往路に 新千歳 ➡ 新潟 、復路に 関空 ➡ 新千歳 と旅程を選択しました。

これはUA特典国内線往復航空券ですから、UA 10000マイルの利用となります。

( 新潟 ➡ 関空は地上移動になります。実際はストップオーバーなので、別々の旅程です。)

そして往路と復路の間に ソウル ➡ 高雄 ( 台湾 ) の片道行程を入れてみました。

この行程をプラスしても、マイル数は10000から増加しません。

これが 「エクスカーショニスト・パーク 」の基本的な予約形式になります。

規則としては、同一ゾーンの往復行程の間に、

別のゾーン内を移動する片道行程をプラスしても、マイル数に変更はないということです。

このUAのゾーンとは、

 


f:id:wbfdoron:20180617192433j:image


f:id:wbfdoron:20180617192539j:image

一部ですがこのようになっています。

日本は単独で一つのゾーンです。

日本というゾーン内での往復行程での特典マイル数は10000マイルです。

( 直線距離800マイル以内、800マイル以上は片道8000マイル、往復16000マイルになります。 )

この往復行程の間に、 ICN ➡ KHH という北アジアゾーン内を移動する片道行程をプラスしても、

マイル数は増加しません。

このプラスする片道行程のゾーンについては、

日本ゾーン以外なら何処でも良いのです。

全然関係ないアフリカゾーンなんかでも構いません。( ケープタウン ➡ ナイロビ とか)

ただしこの特典は、あくまで同一ゾーン内の移動に限定されます。

ソウル ➡ 香港 などは、ソウルが北アジアゾーン、香港が南アジアゾーンのため利用出来ません。

それから、無料になるのは片道行程なので、帰りの航空券は別途に手配する必要があります。

上の参考例の場合でしたら、往路の新潟から戻って来る航空券と、

復路の関空に行く航空券も必要になります。

旅程は3つに分割され、UA特典の予約は60日以内なので、

60日以内に3旅程を完結する必要があります。

本当にこれがお得になるのかどうか、さっぱり分かりません。

さて上手くいけばいいのですが。

( 自信はありません )

 

 

 

 

 

UA特典 11

今月始めに那覇に行った際、

このブログには、もう今年は沖縄には来る予定がないと書いたような気がしますが、

また那覇に行く予定になってしまいました。

まずきっかけは、

 


f:id:wbfdoron:20180611195343j:image

 

このバニラのセールです。

UA特典を利用する際、新千歳からLCCに乗って行ける空港を出発空港として、

旅程をいろいろと検索しました。

その時に成田 ➡ 新千歳ももちろん調べたのですが、

成田からの国内線は、もともとそれほど数が多くないせいか、

これはどうかなというコースは見当たりませんでした。

そんなことで、今回のバニラのセールもまあ予約する必要はないだろうと考えて、

スルーするつもりでいたのです。

しかし、東京へ行く機会もなかなかないので、

新千歳 ➡ 成田をバニラで予約するとしたら、帰りをどうしようかなと思い、

念のためUAサイトを見ると、

 


f:id:wbfdoron:20180611210938j:image

 

あれぇ、那覇に行って、

翌日新千歳まで直行便で帰ることが出来るコースが設定されているではありませんか。

私は新千歳 ↔ 那覇は乗ったことがないので、

予約することにしました。

日にちは7月の始めの方です。

バニラの方は予約が遅れたというより、

日付による料金設定の違いのせいだと思うのですが、

基本料金が3980円で、手数料をプラスすると4960円になりました。

やはり他の空港へ行くより割高になります。

( Peachの新千歳 ➡ 福岡より高いです。 )

それでも那覇 ➡ 新千歳をUA5000マイルで発券出来ましたので、まぁいいかと思います。

これを7番目の旅程とします。

( 大阪へ行くより前の日付でこの旅程を入れたため、旅行順としては6番目となります。)

UA特典 ( 搭乗編 10 )

秋田 ➡ 羽田 ➡ 米子と乗継ぎして皆生温泉に泊まりました。

ホテルは海沿いにある 「 松月 」 という温泉ホテルです。

貸し切り風呂 ( 45分 ) がサービスでした。

 


f:id:wbfdoron:20180608181732j:image

 

内風呂が、

 


f:id:wbfdoron:20180608181828j:image

 

露天風呂は、

 


f:id:wbfdoron:20180608181910j:image

 

樽風呂ですね。

大浴場は最上階にあります。

( といっても5階ですが )

 


f:id:wbfdoron:20180608182223j:image


f:id:wbfdoron:20180608182245j:image


f:id:wbfdoron:20180608182312j:image


f:id:wbfdoron:20180608182343j:image

 

朝大浴場に行ったら誰も居なかったので、写真を撮れました。

朝食は、


f:id:wbfdoron:20180608182554j:image

 

ヘルシーな和食です。

私には充分美味しかったです。

朝食の後、このホテルから米子駅まで路線バスに乗り、( 290円 )

 


f:id:wbfdoron:20180608183131j:image

 

駅でお土産を買ってから、空港行きのバスに乗りました。( 590円 )

JRだと米子駅米子空港駅は240円と安いのですが、

バスの方が時間が都合良かったので、JRは諦めました。

 


f:id:wbfdoron:20180608183852j:image

 
f:id:wbfdoron:20180608183912j:image

 

今日は空港に居る時間があまりなかったので、

あちこち見て回ることが出来ませんでした。

米子➡羽田は満席でした。

羽田では昨日に続いて、スイートラウンジに立ち寄ってから、

エアドゥで函館空港へ。

函館は雨と雷でかなり遅延が出ていました。

 


f:id:wbfdoron:20180608184718j:image

 

時間がなくて写真はこれだけ。

( でも遅れが出たので、実際には時間があったのですが。)

発券トラブルで、( また名前が違ってた ) 15分位ANAカウンターに居たのが痛かったです。

チケットはやはり名前は違ったままで、

 


f:id:wbfdoron:20180608185249j:image

 

DIAと手書きして発券されました。

このまま保安検査は無事に通過出来たので、

優先搭乗も大丈夫かな、

と考えて、やって見ました。

結果はセーフでした。

出発ゲートで止められなくて助かりました。

これで4回目の搭乗編を終わります。

次回はLCCスタートに戻ります。

その前にジンギスカンオフ会に参加予定です。

[ 23日 ( 土 ) キリンビール園 ]

 

 

 

UA特典 ( 搭乗編 9 )

本日は4番目の旅程の日になります。

新千歳 ➡ 秋田 ➡ 羽田 ➡ 米子と3便に搭乗して、

夜は米子の皆生温泉に泊まります。

今年始めに楽天のセールで、皆生温泉のホテルを予約して、

UA特典を往復利用しました。

従って今回は5000マイル✖2=10000マイルを使用します。

LCCの利用はありませんから、ANA便だけで往路3回、復路3回の搭乗になります。

普通乗継便だったら、2✖2=4回搭乗じゃないの、となるところですが、

そこはせっかくなので、無理矢理乗継を増やして往路に秋田空港を追加、

復路に函館空港を追加しました。

( マイル数が増えるわけではないので )

まずは新千歳空港スイートラウンジで、お昼を食べてスタートします。

 


f:id:wbfdoron:20180607144113j:image


f:id:wbfdoron:20180607144132j:image

 

札幌は昨日より、よさこいソーランが始まっていますから、

新千歳は混み合っています。

 


f:id:wbfdoron:20180607144355j:image

 

今日はいなりがありました。

パンをもう一個、

 


f:id:wbfdoron:20180607144513j:image

 

ついでにタルトも頂きました。

 


f:id:wbfdoron:20180607144551j:image

 

秋田でお昼を食べる予定でしたが、 無理のようです。

5月も乗りましたが、プロペラ機です。

 


f:id:wbfdoron:20180607150405j:image

 

この便では座席変更はしませんでした。

誰か座るのかなと思いましたが、1Bのお見合い席は空席になってました。

 


f:id:wbfdoron:20180607150741j:image

 

新千歳➡秋田は50分程度の飛行時間です。

かなり空いていました。

秋田空港は初めてです。

 


f:id:wbfdoron:20180607151022j:image


f:id:wbfdoron:20180607151039j:image


f:id:wbfdoron:20180607151059j:image

 

屋上は、

 


f:id:wbfdoron:20180607151137j:image


f:id:wbfdoron:20180607151154j:image


f:id:wbfdoron:20180607151228j:image

 

スペースは充分なのですが、座席の配置が今一つです。

( 座って飛行機を見るのには不便かなと思いました。)

 


f:id:wbfdoron:20180607152457j:image


f:id:wbfdoron:20180607152514j:image


f:id:wbfdoron:20180607152541j:image

 

 面白い展示コーナーがありました。

 

カードラウンジはありました。

 


f:id:wbfdoron:20180607151638j:image


f:id:wbfdoron:20180607151652j:image

 

入り口がちょっと入りずらいのでは。

一工夫あってもいいかなと思えました。

 


f:id:wbfdoron:20180607152317j:image


f:id:wbfdoron:20180607152333j:image

 

結構広いですね。コンセントが見当たりませんでしたけど。


f:id:wbfdoron:20180607151908j:image

 

お腹一杯なのにおやつ買いまくって、結局何も食べずに羽田に向かいます。

UA特典 ( 搭乗編 ) 8

那覇で一泊して翌日午前中に関空に向かいます。

那覇空港のスイートラウンジを訪問出来ました。

 


f:id:wbfdoron:20180602195400j:image

 

ここで気に入ったのは、

 


f:id:wbfdoron:20180602195529j:image

 

このお菓子です。

あまり甘くないので、私には食べ易くて美味しかったです。

関空に到着してからは、

昨日書いた通りニュージーランド航空の特典予約て忙しいことになったので、

出来なかったことがありました。

 


f:id:wbfdoron:20180602200252j:image


f:id:wbfdoron:20180602200307j:image

 

( 反射が入って見ずらくなってしまいました。すみません。)

このKIXITMカードのポイント加算端末機ですが、

どうも納得がいかないのです。

上の2枚の写真は関空出発時に写しました。

つまりこれから向かう空港をタッチして、搭乗券をスキャナーに置きます。

カード挿入 ➡ パネルタッチ ➡ 搭乗券スキャン ➡ ポイント加算

結果としてカードにポイントが加算されます。

一連の操作は関連付けられている、つまり照合されているように見えます。

ところが、このタッチパネルに表示されている空港名には、奄美大島空港の名前がありません。

この問題はtomekichiさんが奄美大島旅行記事に書かれていました。

彼は奄美大島空港がないのをカード会社に電話して、

「 鹿児島 」 をタッチしても差しつかえないことを確認したそうです。

tomekichiさんより暫く後に、私が奄美大島に行った際は、

取りあえず 「 鹿児島 」 でいいかな、とたいして考えずにタッチしました。

結果は二人共に鹿児島をタッチして、ポイントが加算されました。

でもこれって何か変では?

パネルでタッチしてから搭乗券をスキャンし、それを端末機が照合してポイントを加算する。

これがフィクションだったとしたら?

実はこの端末機は、カードが正しいかどうかを判定してポイントを加算するだけで、

タッチとスキャンはカードにデータを集約しているけれど、

いかにも正確なポイント加算判定をやってますという、

見せかけの機能に過ぎないのでは?

なんでそんな事をする必要が、と思われるでしょうが、

この理由を勝手に想像すると、端末機の機能を増やせば当然機械の価格も上がります。

これが狙いでは?

それを考えるには、

関空の運営会社とその関連会社の予算と税金の関係などを調査する必要があり、

私がノンフィクションライターなら、大胆な陰謀説を立てて持論を展開するところです。

しかし残念ながら、私は一般市民に過ぎないので、

これ以上の仮説をでっち上げるのは無理そうです。

で、私が乗るのは関空➡新千歳便なのですが、新千歳をタッチせずに別な空港をタッチして、

ポイントが無事に加算されるかどうかを確認する予定だったのです。

それを慌てていたために忘れてしまいました。残念でした。

どなたか私の代わりにやってみて下さい。

私の疑問が杞憂に終わればいいのですが。

そんなことで関空を後にします。

最後はプレミアムクラスに座りました。

アップグレードポイントを使って、事前アップグレードしてありました。

アップグレードの現金価格は、14000円になっていました。

( 9000円からずいぶん上がりましたね。)

ポイント単価は3500円です。( 4ポイント )


f:id:wbfdoron:20180602212754j:image

 

う~む、お金払わないならこの席はいいなぁ。

( 当たり前ですけど )

ANAから貰ったコインとポイントでこの席に座ってるので、今回に限ると無料です。

 


f:id:wbfdoron:20180602213313j:image


f:id:wbfdoron:20180602213340j:image

 

空ではすぐ酔えるので、陰謀説なんてすぐに忘れて、気持ち良く札幌に戻りました。

 

 

ニュージーランド航空特典キャンペーンの結果

昨日は12:40位に関空に到着しました。

キャンペーンの開始は14:00からです。

取りあえず関空 ➡ 新千歳のチケットを発券機で手に入れました。

( この便はUA特典じゃないので、カウンターに行く必要はありません。チケットはデルタのFAX用です。)

それから例によって、ぼてぢゅうで焼そばなどを食べたら、

13:50位になっていたので、ANAカウンターの前辺りに座って、14:00になったところで電話しました。

( 保安検査は電話の後でいいやと思っていた )

予約電話開始。

ニュージーランド航空の特典航空券を予約したいので、空席の確認をお願いします。」

「 日付をお願いします。」

「 はい、何月何日の成田出発、何日の関空到着は空席ありますか?」

「只今確認致します、少々お待ち下さい。」

・・・・・

返事がない、、、、、

14:20、まだかな~

14:25、 お~い

新千歳行きの出発は14:55です。なんか焦ってきました。

電話を通話中にしたまま、保安検査を通過出来ないかな、

なんて非常識な考えが頭に浮かんできました。

14:30

やっと来たー。

「 お待たせしました。お席は確保出来ました。何とかかんとか云々。」

「 はいはい、宜しくお願いします。」

もう全然聞いていません。

最初に保安検査を通過してから、電話をかけるべきでした。

とまあこのようなどたばたになりましたが、何とか予約は出来ました。

11月に、

新千歳 ➡ 成田 ➡ オークランド関空 ➡ 新千歳

この行程で52500マイル ( 国際線ビジネスクラス )

諸経費 7630円です。( サーチャージは無し )

行けない場合は、キャンセル料3000マイルで取消し可能です。

往復ボーイング789、シートは1ー1ー1配列です。

ホントに行けるかどうかは、まだ何とも言えません。

( 仕事辞めれば行けます)

UA特典 ( 搭乗編 7 )

3番目の旅程は、Peachに乗って福岡へ、夕食後にUA特典で那覇へ飛んで一泊、

翌日関西空港経由で新千歳へ帰るコースです。

これだと関空 ➡ 新千歳が特典にならないため、

やむを得ずこの区間ANAコインを使って購入しました。

今回のPeachは、飛行時間が2時間30分程度と長時間なので、

1300円の追加料金を支払って1列目に坐りました。( 1D )

 


f:id:wbfdoron:20180601103059j:image


f:id:wbfdoron:20180601103119j:image

 

1Dが暗かったので、EとFを写してみました。

この後に乗った福岡 ➡ 那覇ANAも1Dだったので比べてみます。

 


f:id:wbfdoron:20180601132638j:image


f:id:wbfdoron:20180601132703j:image

 

ANAのこのタイプの機材は狭く、Peachの方が足元は広いです。

ただしPeachはシートが固めなので、2時間30分乗っているとお尻が痛くなります。

バニラはこの席料が1000円なので、Peachに吸収されるのはちょっと残念です。

福岡ではゴウタロウさんに薦めて頂いた、

「 だるま 」 というラーメン店に行って来ました。

 


f:id:wbfdoron:20180601133605j:image


f:id:wbfdoron:20180601133625j:image

 

ここのラーメンは、札幌では見られないタイプの極細麺です。

麺は少な目なので、替玉をオーダーして、もう一玉スープに入れてもらいます。

 


f:id:wbfdoron:20180601133639j:image

 

替葱、辛子高菜もプラスしてみました。

こちらに来たら、また食べに来ると思います。

お腹一杯になりました。美味しかったです。

後は、博多駅辺りをうろちょろして、

 


f:id:wbfdoron:20180601172425j:image

 

お土産をこの辺で買ってしまいました。

今回は那覇では買わないことにします。