wbfdoronのブログ

千歳起点で17年度SFC修行中です。現在プラチナ事前となってます。

千歳↔那覇 増便

18年2月9日~3月15日の期間千歳↔那覇は1日2往復になるようです。

日本ハムのキャンプを見に行くファンが多いため、らしいけど、

年中2往復でもいいような路線ですよね。

2往復だと日帰りが出来ると思いますが、期間が短いので、プレミアム旅割28は、

すぐ予約しないとなくなるでしょう。

今出てる料金は、往復だと、

38850円✖2=77700円

3892pp✖2=7784pp

9.98ppと単価は?なんですが、宿泊費不要なら、使う人がいるかもしれません。

私はこの路線が、国内線にしては搭乗時間が長過ぎると考えて使いませんでした。

白い恋人パーク

面白い恋人 」 とか、「 黒い恋人 」 などというパクり商品を出されてしまい、

商標権侵害では、日本も中国に負けていないことを証明した石屋製菓の工場を、

テーマパークに仕立て成功している、札幌市西区宮の沢にある 「 白い恋人パーク 」 に行って来ました。

なぜか今までここに来る機会がなかったので、初訪問となります。

大通駅より、地下鉄東西線宮の沢行きに乗り16分程で、終点の宮の沢駅に着きます。

駅では、

f:id:wbfdoron:20170823155055j:plain

この地図を見てパークに向かいます。

f:id:wbfdoron:20170823155237j:plain

地下鉄駅に動く歩道なんて、石屋製菓の政治力でしょうか。( 他の駅にはないと思いますが )

外に出て、

f:id:wbfdoron:20170823191232j:plain

国道5号線を少し歩けば、

f:id:wbfdoron:20170823191432j:plain

石屋製菓の建物が見えます。

f:id:wbfdoron:20170823192256j:plain

f:id:wbfdoron:20170823192352j:plain

f:id:wbfdoron:20170823192527j:plain

入口に回ると、建物の外は庭園になっています。

f:id:wbfdoron:20170823192027j:plain

f:id:wbfdoron:20170823192142j:plain

f:id:wbfdoron:20170823192649j:plain

花はホンモノです。( 虫が止まってました。)

建物の中は、

f:id:wbfdoron:20170823193229j:plain

f:id:wbfdoron:20170823193316j:plain

f:id:wbfdoron:20170823193402j:plain

売店とキャンディーラボが1階にあります。

2階は博物館のようになっていました。

f:id:wbfdoron:20170823193656j:plain

工場見学は有料です。( 600円 ) 時間があまりなかったので今日は行けませんでした。

外に戻って、

f:id:wbfdoron:20170823194407j:plain

動かないようですが、中には入れました。2階はこんな様子でした。

f:id:wbfdoron:20170823194535j:plain

動くものはこちら。

f:id:wbfdoron:20170823194838j:plain

子供が喜びそうな乗り物です。300円で10分位走ってくれます。

どれどれ、

f:id:wbfdoron:20170823195412j:plain

ここから発車です。

f:id:wbfdoron:20170823195528j:plain

f:id:wbfdoron:20170823195625j:plain

f:id:wbfdoron:20170823195705j:plain

こんなシーンを見ながら一周して、最初の駅に戻ります。

道路を渡ったところには、

f:id:wbfdoron:20170823200511j:plain

もう1台、動かない車がありました。

ここに、f:id:wbfdoron:20170823200738j:plain

子供たちの遊園地みたいなところかな。

f:id:wbfdoron:20170823200936j:plain

サッカー場がありました。

後はお決りの限定商品ですね。

f:id:wbfdoron:20170823201213j:plain

今日は1つだけ。

f:id:wbfdoron:20170823201404j:plain

クッキーを買って帰りました。

家族連れで行くと、子供が喜ぶパークだと思います。

大通りから地下鉄と徒歩で、所要時間30分なので、意外に近くでした。

ホテルのお客様にもオススメ出来ます。

ANAラウンジ

dantraさんの記事で、千歳のANAラウンジ改装後のリニューアルオープンが9月13日と分りました。

う~む、私が12日に千歳に戻るのを承知で13日にしたのでしょうか。

私を除け者にしたのではないかと疑っています。

まあ抗議しても無理なので、次の搭乗まで待つしかないのでしょう。

でももしオープンが10日だったとしたら、却ってまずいことに。

私はすでに10日出発の搭乗予定をここに書いています。

10日オープンだとすれば必ずANAラウンジに立ち寄ります。

しかしラウンジで写真なんて撮ったことないし、恐らく撮れません。( 恥ずかしいから )

オープンの日にラウンジに行ってるのに、写真を1枚も撮ってなかったら、なんかオカシイですよね。

「 修行行ってきます。ANAラウンジはまずまずでした。」

これだけというのも不自然です。

一ヶ月もすれば、写真なんてもうみんな見てるはずだから、私が撮る必要はなくなります。

結局9月13日のリニューアルオープンは、私にとって都合がいい日と考えることが出来ます。

( ANAラウンジ訪問について、写真付きで書かなくてもいいから )

良かった良かったという結論に落ち着きました。

サッポロファクトリー

今日は自宅から歩いて15分のサッポロファクトリーに行ってみます。

最寄りの地下鉄駅は東西線バスセンター駅ですが、駅から歩いて10分近くかかります。

あまりアクセスが良くありません。

ファクトリー自体は、フードコート、飲食店、ショッピングといった構成で、

サッポロビール開拓使麦酒醸造所が観光名所になっています。

f:id:wbfdoron:20170820133945j:plain

中央の吹き抜けを上から見ると、


f:id:wbfdoron:20170820134022j:plain

結構広く見えます。

外を見ると、


f:id:wbfdoron:20170820134344j:plain

煙突です。

外から眺めると、

f:id:wbfdoron:20170820134551j:plain

醸造所の外は、

f:id:wbfdoron:20170820134720j:plain

この中では、

f:id:wbfdoron:20170820140007j:plain


f:id:wbfdoron:20170820140030j:plain

私でも飲んでみたくなります。

ビールの試飲 ( 有料 ) をやってます。

f:id:wbfdoron:20170820135046j:plain

飲めるビールは、

f:id:wbfdoron:20170820135153j:plain

せっかくなので一杯だけ。レッドスターを選択。

( 名前で選んだだけ )

f:id:wbfdoron:20170820140224j:plain

少ないので私にはちょうど良かったです。

2~3杯以上飲める人じゃないと、味は比べられませんね。

なお、ここの隣にある旧永山邸という文化財は、

今公園を作っているので公開していません。

f:id:wbfdoron:20170820140955j:plain


f:id:wbfdoron:20170820141024j:plain

今日はついでにもう1軒、北1条西5丁目にある 「 北菓楼本館 」 にやって来ました。

f:id:wbfdoron:20170821072334j:plain

ここは旧庁立図書館の建物を2016年3月より、砂川のお菓子屋さん 「 北菓楼 」 が使用しています。

中央警察署の西隣、私の職場の近所です。

f:id:wbfdoron:20170821072753j:plain


f:id:wbfdoron:20170821072821j:plain

中は店舗とカフェになっています。

f:id:wbfdoron:20170821073553j:plain

2階から見ると、

f:id:wbfdoron:20170821073700j:plain

2階のカフェは、

f:id:wbfdoron:20170821073755j:plain

こんな感じです。

空港にはない限定商品も置いてました。

f:id:wbfdoron:20170821073924j:plain


f:id:wbfdoron:20170821074000j:plain

観光客でもないのに、買ってしまいました。

f:id:wbfdoron:20170821074123j:plain

お土産を見ると、つい買いたくなる習性なのでした。

誕生日 ( 当日 )

プレゼント作戦を実行しました。


f:id:wbfdoron:20170819084144j:plain

私 「 誕生日おめでとう。これあげるから証拠写真
撮らしてね。」

ディズニー
「 どうして写真が必要なんですか?」

私 「 日本の平和を守るためなんだよ。」

ディズニー
「また訳分かんないこと言ってる。」

私 「 いいからこれ持ってろ。 」

ディズニー
「 いいですよ、またご馳走して下さいね。」


私 「 な、何を言って・・・・・ 」

一度彼女をすすきのに連れて行ったらやっぱりひどい目に。

この話はその内書くことにしておきます。

( あまり触れたくないのですが )

とにかく作戦終了です。

何かもらう時の彼女は、結構可愛い笑顔を見せてくれます。( もらう時だけ )

この顔に騙される男もいるんだろうなぁ、と思うとちょっと怖くなってきました。

夜の動物園

札幌市の円山動物園では、


f:id:wbfdoron:20170818204749j:plain


夏休みイベントで夜の動物園を開催しています。

もう最終日なので、ちょっと顔を出して見ます。

地下鉄大通駅から、東西線宮の沢行きに乗り10分で円山公園駅に着きます。

そこからバスで5分ですが、季節的には夏なので、歩いて15分のコースにしました。

円山公園の入口辺りで、左手を見ながら歩くと、


f:id:wbfdoron:20170818205728j:plain

登山道の案内板が見えます。

ここから林の中を10分程歩くと、


f:id:wbfdoron:20170818210034j:plain

動物園に到着します。

ここは原始林なので、道以外の林の中に入ることは禁止、

何かを採取することも禁止事項です。

自然が好きな人にはピッタリだと思います。

( 私は自然が好きな人ではありません。虫が苦手なので。 )

暗い道を歩くのは、カップルなんかにはちょうどいいかも。


f:id:wbfdoron:20170819211443j:plain

入口は行列でした。

f:id:wbfdoron:20170819211629j:plain


中に入ると暗くなってきました。

f:id:wbfdoron:20170819211738j:plain

しかし夜の動物園では、動物があまり見えません。

f:id:wbfdoron:20170819211932j:plain

これはビーバーです。

梟などは、

f:id:wbfdoron:20170819212102j:plain

人気があるようでした。

後の写真はうまく撮れてませんでした。

( 狼やシロクマなど )

とにかく子供だらけで、見える動物は少なかったという感想です。

しかし混んでて疲れました。帰ってきたら9時過ぎ。酒飲んでたほうが良かったかも。

プレゼント

ディズニー女子の誕生日は20日 ( 日 )。

プレゼントについては以前ここで取り上げた、


f:id:wbfdoron:20170817205301j:plain

このセットと考えていたのですが、

しかし彼女を怒らせるようなことを私がしておいて、

トランプ大統領には話し合いをなんて言えるでしょうか。

ここは 「 寛容と忍耐 」 が必要ではないか、

と考え直して何か探してみると、

ちょうどご近所のホテルでイベントをやってました。

f:id:wbfdoron:20170817210354j:plain


早速行ってみることに。

f:id:wbfdoron:20170817210538j:plain

何か良さそうなモノないかな、

f:id:wbfdoron:20170817210843j:plain

f:id:wbfdoron:20170817210942j:plain

小さめだけど、お菓子好きの彼女が喜びそうです。

争い事が好きな、皆さまのご希望には沿えませんが、

何よりも 「 平和 」 が大切です。

彼女と私の今までの軋轢は全て忘れて、これからは仲良くしたいと思っています。

平和的解決を望みます。