wbfdoronのブログ

千歳起点で17年度SFC修行を終えました。長時間飛行機に乗るのは苦手です。

NZビジネスクラス搭乗

 

何とか休みを取れたので、NZに乗ってニュージーランドへ行って来ました。

往路は18:30成田発でした。

この時ビジネスクラスは満席で、夜発のためか機内は搭乗時から照明を抑えていて、

写真は無理そうなので止めておきました。

復路は11:55発の関空行きで空席もあり、何とか写真を取れました。

 


f:id:wbfdoron:20181109221445j:image

 

この飛行機はオークランド空港で撮った写真です。この飛行機に乗った訳ではありません。

座席の写真は乗った飛行機のものです。( 自分は2Kでした。)

B787-9 ビジネスクラス

 


f:id:wbfdoron:20181110072034j:image

 

これは図面上の配列です。

写真は以下です。

 


f:id:wbfdoron:20181109221627j:image


f:id:wbfdoron:20181109221647j:image

 

B787-9の座席が1-1-1配列です。

A - J - Kの3列になっています。

左窓側のA列は右斜め前向き、中央のJ列も同じく右斜め前向き、右窓側のK列は左斜め前向きです。

座席の向きは変更出来ません。

従って中央J列の乗客と右窓側K列の乗客はいつも顔を合わせていることになります。

K列からJ列を見ると、

 


f:id:wbfdoron:20181109222941j:image

 

こんな眺めになります。

A列とJ列は席の左側にモニターが収納されています。

K列は右側にあります。

モニターは前に引っ張り出せます。

 


f:id:wbfdoron:20181109223601j:image


f:id:wbfdoron:20181109223612j:image

 

モニターの隣にドリンク用のサイドテーブルがあります。

 


f:id:wbfdoron:20181109223804j:image


f:id:wbfdoron:20181109223819j:image

 

これは席の右後方になり、使いずらいと思いました。

モニターの下にはリモコンと物入れがあります。

 


f:id:wbfdoron:20181109224333j:image

 

席の左側にはリクライニングのスイッチがあります。

 


f:id:wbfdoron:20181109224509j:image

 

席の後ろは窓と少し離れています。

 


f:id:wbfdoron:20181109224856j:image

 

これが席の後ろの写真です。

窓側と言っても外は見ずらいので、機内では殆ど映画を観ていました。

復路は日中の飛行時間が長く、寝る必要もないため、

映画を4本も観てしまいました。

飛行時間は往路が10時間30分、復路が11時間です。

このシートはフルフラットにはなりません。

寝る時は座席をベッドモードに変更します。

席の右側前方に、切り替えスイッチがあります。

 


f:id:wbfdoron:20181109230128j:image

 

スイッチの左側を押すと、背もたれが前に倒れてきて、

座席が簡易ベッドのようになります。

切り替えてから、マットを敷いて寝ることになります。

マットは上部の手荷物収納スペースに入っています。

これは 「 寝ます。」 と申し出ると、CAさんがやってくれます。

でも外国人の乗客には、自分で切り替えしてる人もいました。

この作業は忙しいCAさんには大変そうなので、お手伝いした方がいいのかも知れません。

往路では写真を撮れず、

復路では、この切り替えする人が居ませんでした。

そんな訳で、残念ながらベッドになってるところの写真はありません。

食事は、牛、鳥、羊と食べてみました。

肉は牛と鳥が△、羊は○といったところですね。

ソースの味は美味しくて、機内食ではこれで充分と思います。

一食分を撮ってみました。


f:id:wbfdoron:20181110061039j:image

 

これはサーモンの前菜だったかな。

 


f:id:wbfdoron:20181110061144j:image

 

これはメーンの牛です。

 


f:id:wbfdoron:20181110061237j:image

 

これはデザートです。

往路と復路で2回ずつ食事が出て、その中間に軽食 ( サンドイッチなど )も出されますから、つい食べ過ぎますね。

食べて映画観て寝るという、あまりヘルシーではない長時間の過ごし方になります。

それからオークランド空港のNZラウンジですが、

飛行機と同じように、内装が白と黒のモノトーンになっていました。

大変落ち着いた雰囲気で、私は好きです。

 


f:id:wbfdoron:20181110102028j:image


f:id:wbfdoron:20181110102052j:image

 

食べるものはお昼前の時間だったので、少なめのようでした。

( 乗る前なので、あまり食べない方がいいですね。)

とにかく長い飛行時間を無事に搭乗することが出来ました。

これに懲りてもう行かないか、或はまた別のところに行ってみるか、

どちらになるのかは、来年のお楽しみということにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UA特典 ( 番外編 ) 2

UAマイルを使って、女性を同伴して飛行機に乗る 」

という今回のミッションでしたが、昨日無事に実行してきました。

コースは、旭川 ➡ 羽田 ➡ 伊丹 ➡ 新千歳 です。

1人5000マイル、2人で10000マイルの利用で飛行機に3回乗る行程にしました。

お相手は飛行機に乗るのは3年振り、海外旅行経験無しという、

要するに 「普通の人 」 です。

( 私とは長く友人ですから、話題がなくて困ることはないと考えました。)

日帰りとはいえ、朝の8時から21時まで一緒に旅行する訳ですから、

互いによく知らない人を誘うのは、難しいかなと思います。

( もちろん知らない人を誘っても来ないでしょうけど。)

今回のコースでは、時間的に空港から出る暇はなく、

空港タッチという、修行時のような乗り方になります。

食事も、ラウンジでおにぎりを食べるだけなんて節約スタイルなのですが、

旅行の目的は、

飛行機に乗せてあげる ( 私の奢りで ) ことなので許してもらいました。

ブラスして座席は前の方で窓側、ラウンジを使えるなどのサービス付きです。

これでつまらなかった、などという結果に終わるなら、彼女が飛行機旅行には向いてないか、

私が余程つまらない相手だったかのどちらかでしょう。

楽しんで貰えるように最善を尽くします。

では旭川空港からスタートです。

「 なんでスタートが新千歳ではなく、旭川空港なのか? 」

という彼女の疑問については、

「 これは旭川 ➡ 新千歳の片道航空券だから安く乗れるんだよ、新千歳 ➡ 羽田或は伊丹 ➡  新千歳 という往復航空券だと料金が倍になるんだよ。」

と簡単に説明しておきました。

( もちろんよく解らないと思いますけど )

で行ってきま~す。

 


f:id:wbfdoron:20181101111208j:image

 

旭川空港てお昼ご飯。

Airdoに乗り、羽田に向かいます。

 


f:id:wbfdoron:20181101111519j:image

 

1Aに座ってもらいます。

「 1番前に座ったの初めて。」

とまあ喜んでいました。

さっそくビールなどオーダーします。

( 旅行気分を盛り上げるため )

 


f:id:wbfdoron:20181101112042j:image

 

 

羽田に着くとあまり乗継時間がなく、無理矢理ラウンジに行ってビールで乾杯しました。

 


f:id:wbfdoron:20181101151045j:image

 

伊丹へ移動して、今度は多少時間があったので、お土産を買ってからラウンジへ。

 


f:id:wbfdoron:20181101151258j:image

 

新千歳へ帰る時は、もう疲れていたとは思いますが、

夜景が見える間は、彼女はずっと窓の外を眺めていました。

「 3回も飛行機に乗れて楽しかった。ラウンジなんて知らなかった。有り難う。」

このような感想でした。

何とか楽しんで貰えたようです。

2人で飛行機に乗るのも悪くないな、と思えた1日でした。

皆さんも是非UAマイルでデートをしてみて下さい。

( 一応書いておきますが、私は結婚したことがありません。) ⬅ もう無理ですね。

(ー_ー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UA特典 ( 搭乗編 21 ) 旅程 11

鳥海温泉の朝の食事は和定食でした。

 


f:id:wbfdoron:20181025170347j:image

 

見た目は普通、食べた感想は⭕でした。

東北は濃い目の味付けが多いと、昔は思ってたけど、

現在は昔程濃くないのかも知れません。

御飯と味噌汁をお代りして満腹になりました。

温泉ホテルから歩いてJR駅へ向かいます。

 


f:id:wbfdoron:20181025171004j:image

 

10分程歩くと 「 吹浦 」 ( ふくら ) 駅です。

ここから羽後本線に乗って20分で酒田駅に着きました。

 


f:id:wbfdoron:20181025171354j:image


f:id:wbfdoron:20181025171427j:image


f:id:wbfdoron:20181025171551j:image

 

ここから庄内空港に向かいますが、ホテルを出るのが早過ぎて、

空港行連絡バスまでまだ2時間以上ありました。

今日は天気がいいので、歩いて近くの公園に行って見ます。

30分程歩いて、

 


f:id:wbfdoron:20181025172051j:image


f:id:wbfdoron:20181025172233j:image

 

 

最上川沿いまで行くと、このような公園があります。

中を散歩して見ました。

 


f:id:wbfdoron:20181025172344j:image


f:id:wbfdoron:20181025172403j:image


f:id:wbfdoron:20181025172420j:image

 

よく分かりませんが、松尾芭蕉がどうのこうのと書いてありました。

( 教養がないのでなんとなく眺めただけです、すみません。)

珍しく観光したような気分になったので、ふむふむと納得して酒田駅に戻りました。

では庄内空港に向かいます。

 


f:id:wbfdoron:20181025173205j:image


f:id:wbfdoron:20181025173234j:image

 

酒田駅からバスに乗って、30分位で到着しました。

空港内には特に何もありませんでした。

しかし、

 


f:id:wbfdoron:20181025173535j:image

 

屋上の展望スペースに行くのに入場料100円が必要になってました。(○_○)!!

こんなところが有料なんて初めて見ました。

まあ高額ではないので、とにかく100円払って入って見ました。

 


f:id:wbfdoron:20181025174034j:image


f:id:wbfdoron:20181025174057j:image

 

至って普通でした。( ̄O ̄;

なんで有料なの?

 


f:id:wbfdoron:20181025174337j:image


f:id:wbfdoron:20181025174353j:image

 

お金を払って見る飛行機には格別なものが・・・

あるはずないです。

以上庄内空港の不思議を見たところで、今回の旅程を終ります。

( 食費にお金使わなかった分をお土産買うのに使いました。美味しいものがあるといいのですが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UA特典 ( 搭乗編 20 ) 旅程 11

 

今年も残り少なくなりました。

雪が降るまで後一ヶ月もないでしょう。

冬は寒くていやだなぁ、などと札幌で半世紀以上暮らしていながら、

ちょっと重たい気分の今日この頃です。

気を取り直して新千歳へ。

今回はPeachで仙台に向かいます。

( 今年4回目かな、今回は片道2400円のセール価格でした。)

 


f:id:wbfdoron:20181024171330j:image

 

座席指定無しで、窓側に座りました。

( Peachでこのパターンは初めてです。)

 


f:id:wbfdoron:20181024173010j:image


f:id:wbfdoron:20181024173034j:image

 

搭乗率は70 ~ 80%でした。まずまずというところでしょう。

( これからはオフシーズンになりますから、搭乗率は下がっていくと思います。)

仙台でお昼御飯を食べてから、バスに乗って山形に行きます。

しかし今日はPeachに遅れが出たため、お昼御飯の時間が足りず、

立ち食いそばにグレードダウンしてしまいました。(T_T)

まあ仕方ないですね。

 


f:id:wbfdoron:20181024173556j:image

 

酒田市方面に向かい、3時間30分程バスに乗ります。

 


f:id:wbfdoron:20181024174636j:image

 

 

Peachよりちょっと広めの座席かな、小さなテーブルがいいですね。

( 邪魔になりません )

今日のお宿は山形県吹浦 ( ふくら ) にある鳥海温泉です。

 


f:id:wbfdoron:20181024175011j:image

 

「 吹 浦 」 というバス停で降りたら、辺りは真っ暗、

歩道もよく見えません。

「こりゃまずい。」

夜の食事のことです。

食べるところなんてあるはずないと思えてきました。

歩いているとコンビニがあったので、おにぎりと漬物などを買い込んで、

暗い夜道を20分程歩いてホテルに着きました。

お昼が立ち食いそばで、夜はコンビニ。

本日の食事は連続ダウングレードで貧乏旅行に。

 


f:id:wbfdoron:20181024220254j:image

 

ようやくホテルに到着しました。

 


f:id:wbfdoron:20181024220407j:image

 

 

部屋はシングルの和室。

自分はベッド嫌いなので、今日は寝れそうです。

( 自宅の自分の部屋にベッドはありません )

温泉はいいお湯でした。("⌒∇⌒")

明日はUA特典で、庄内空港から羽田経由で新千歳に帰ります。

 

 

 

 

 

 

選択肢のマルチ化

今シーズン ( 2018年4月~2019年3月 ) の私の航空券の予約については、

LCC + UA特典を主に利用してきました。

しかし出発日の60日前からだったUA特典の予約開始日が、

10ヶ月前から予約可能になるという大きな変更があり、

手持ちのUAマイルが不足してきたことについては、前回の記事でお知らせした通りです。

今はこれに加えてANA海外サイトからの発券という選択肢がプラスされて、

ANA海外サイトより発券した国内線片道航空券 + UA特典のコースが開けたことにより、

国内線旅程を予約することに迷いが生じています。

 


f:id:wbfdoron:20181021221536j:image

 

ANAアプリからUSAのサイト ( 何処の国でもいいのですが ) を表示させるだけで格安の運賃が示されます。

1ドル = 112円とすると、5849円になります。

この運賃が新千歳 ↔ 東京、大阪、セントレアで検索出来ます。( 片道です。)

新千歳 ↔ 福岡、那覇などは102ドルと、( 11400円位 ) タイムセール価格より少し高い運賃になっています。

( でもタイムセールではないので、何時でも買えるメリットがあります。)

この価格なら、SFC会員の方はLCCよりANA便を選択するのではないでしょうか。

そして60日以内で旅程を完結するというしばりが消えたことで、

UAのエクスカーショナルパーク特典が、非常に検索し易くなりました。

一例を上げると、

まず往路に新千歳 ➡ 成田を選択します。

( UA片道5000マイル )

 


f:id:wbfdoron:20181022091923j:image

 

成田 ➡ 香港はLCCなどで別途に予約します。

次に香港 ➡ クアラルンプールを、


f:id:wbfdoron:20181021230106j:image

 

タイ航空のバンコク経由便に乗ります。

( この区間がECP特典になります。)


f:id:wbfdoron:20181022132710j:image

 

香港とマレーシアはUAの南アジアゾーンとなっていますから、

ゾーン内区間としてECP特典が利用可能です。

復路のクアラルンプール ➡ 新千歳をANA

道航空券で発券。( ブレエコで予約してアップグレードポイントを使用してCへ )

この区間シンガポール経由にすると、


f:id:wbfdoron:20181021230532j:image


f:id:wbfdoron:20181022092214j:image

 

このような組み合わせにして、777に乗ります。

この機材はFの座席がありますが、Fの設定はありません。

つまりダイヤでCに乗る人には、チェックイン時にこの席が解放されるということですよね。( 先着8名様限定 )

( この777のお話しは、dantraさんの記事から拝借したものです。)

このANA便は新千歳迄の予約にします。

そうなるとUA特典の復路はどうするか?

これは日付を後にずらして、新千歳に戻る便を予約します。

例えば、


f:id:wbfdoron:20181022093912j:image

 

中標津空港から新千歳に戻る旅程なんてのもOKです。( 到着空港が新千歳であれば、何処からでもいいのです。)

これを復路にして、UA5000マイル使用。

トータル計算は、

UA10000マイル + 成田➡香港の運賃 + ANA ( KUL ➡ 新千歳、E➡Cへアップ  )片道62500円

となります。

これでANAコインを使用可能なら、支払いは成田 ➡ 香港の運賃だけになるなずでした。

ところがKUL ➡ 新千歳をSIN経由にすると、KUL➡SINの区間ANA運行便ではないため、コインが使用出来なくなります。

KUL ➡ HND直行便にすると、コインは使用可能ですが777の話は無し。

しかも羽田に22時過ぎの到着で後泊が必要と、何だか苦しい旅程になってきます。

コインを使えないと、クアラルンプール発券と比べて割高感が出てきます。

( クアラルンプール発券すると KUL ↔ CTS ブレエコ往復て約10万円です。)

ここで取りあえず話しを戻して、中標津空港に行くには、

 


f:id:wbfdoron:20181022094345j:image

 

通常このような運賃で搭乗します。

ここもUSAサイトでは、

 


f:id:wbfdoron:20181022094603j:image

 

このような少し安い運賃が表示されます。

なんで中標津かと申しますと、

私が道内空港で今年行けなかったのが、利尻空港中標津空港だからです。

利尻は夏しか運行していないので、行けるのは来年夏になります。

こんな形にすれば、中標津へ行けるかなと思いました。

以上のようにまだ決定した予約ではありませんが、

今度も検索を続けていきます。

皆さんも楽しい旅行を計画して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 









 

KALにてソウルへ


新千歳 ➡ ソウルは飛行時間約3時間です。

ビジネスクラスの需要などはあまりないだろうから、

空いているかなと思っていましたが、これは予想通りでした。

( 韓国からの観光客もかなり減っていることもあります。)

 


f:id:wbfdoron:20181012163905j:image


f:id:wbfdoron:20181012163948j:image

 

取りあえずフルフラットです。

 


f:id:wbfdoron:20181012164146j:image

 

グアバジュースを頂きました。

 


f:id:wbfdoron:20181012164312j:image

 

モニターは収納タイプですね。

 


f:id:wbfdoron:20181012164533j:image

 

食事は「 ビビンバ 」 にしたのですが、味は今一つというところでした。

ドリンクは 「 ワインいかがですか? 」 と聞かれたので、

普段あまりワインを飲まないのに、「 はい。」 と返事してしまいました。

( 自分が飲むのは焼酎か日本酒です )

これを断ったら、他のお酒を勧めるのかどうかを確認した方が良かったと思います。

食事の後は、アルコールのお勧めもなかったので、

お酒は最初のワインだけでした。

後は食後にお茶を頂いてサービスはおしまいでした。

すぐに到着する路線なので、こんなものなのでしょう。

仁川にに着いたら、空港鉄道に乗ってソウルに向かいます。

 


f:id:wbfdoron:20181012170356j:image

 

一般列車に乗りましたが、( 各駅停車です、直通列車はソウルまで直行します。 ) この座席はシートが薄くて、 板の上に座っている感じでした。

( お尻が痛くなりました )

50分程でソウルの2つ前の駅に着きました。

 


f:id:wbfdoron:20181012194201j:image

 

この駅の5番出口を出て右隣りに、IHGのホテルが9月オープンしました。

 


f:id:wbfdoron:20181012194501j:image

 

ちょっと暗いですが、ホテルの右側が空港鉄道の5番出口です。

 


f:id:wbfdoron:20181012194638j:image

 

少し広めのビジネスホテルといった部屋でした。

この辺りは大学があるので、学生が多いように見えました。

夜もかなりの賑いです。

一泊して今日は帰りの日。( 国内旅行と変わりませんね。^_^;)

帰りは得意のLCCです。

 


f:id:wbfdoron:20181012195523j:image

 

イースター航空です。( 韓国のLCC )

インチョン空港では、プライオリティパスが使えるスカイハブラウンジに立ち寄りました。

 


f:id:wbfdoron:20181012195910j:image

 

昨日機内食で今一つだった 「 ビビンバ 」 に再挑戦。

 


f:id:wbfdoron:20181012200057j:image

 

こちらの方が美味しかったです。

イースター航空は遅延もなく、定刻出発しました。

昨日の大韓航空に比べると、搭乗率はこちらの方が上に見えました。

( 60~70%位かな )

私の隣りは幸い空席だったので、さほど窮屈にはなりませんでした。

 


f:id:wbfdoron:20181012200743j:image


f:id:wbfdoron:20181012200759j:image

 

( やはりLCCは狭いです。⬅ もう慣れましたけど )

以上が今年初めての海外旅行記です。(^_^)v

来月の休暇がまたピンチになるがも・・・

( 同僚に病人が出たため )

NZに乗れるかどうかまだ分かりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく国際線



今年初めての国際線搭乗になります。

スカイマイルで発券した、KALビジネスクラスでソウルへ行きます。

今年初めてなのに、ANAでもスタアラでもない大韓航空というのがなんですが、

まあスカイマイルを利用した無料チケットだから、( 片道だけですが )

と気を取り直して新千歳空港にやって来ました。

 


f:id:wbfdoron:20181011113347j:image

 

新千歳は国内線 ↔ 国際線の通路が長いのですが、

 


f:id:wbfdoron:20181011133600j:image

 

スマイルロードなんて名前を付けてます。

ここを通過するお客様が退屈しないように、通路にはいろいろなお店があります。

 


f:id:wbfdoron:20181011113751j:image

 

 

ソフトクリームなど食べたいところですが、私は牛乳に弱いので止めておきました。


f:id:wbfdoron:20181011113828j:image

 

ロイスのチョコレート工房があります。

 


f:id:wbfdoron:20181011114212j:image


f:id:wbfdoron:20181011114229j:image


f:id:wbfdoron:20181011114241j:image

 

ついつい立ち止まって見てしまいます。

お子様向けには、

 


f:id:wbfdoron:20181011133444j:image


f:id:wbfdoron:20181011133512j:image

 

なかなか賑やかです。

 

通路の突きあたりに国際線カウンターかあります。

 


f:id:wbfdoron:20181011133920j:image

 

大韓航空のカウンターは向かって右側です。

 


f:id:wbfdoron:20181011180138j:image

 

ビジネスクラスは空いてました。

チェックインの後はラウンジへ。

新千歳の国際線ラウンジはひとつだけです。

 


f:id:wbfdoron:20181011180406j:image


f:id:wbfdoron:20181011180428j:image

 

このラウンジは中に入ると、カードラウンジと航空会社ラウンジに分かれています。

 


f:id:wbfdoron:20181011180643j:image


f:id:wbfdoron:20181011221112j:image

 

入った時はお客様が殆どいなくて、写真を撮り易かったと思います。

 


f:id:wbfdoron:20181011214606j:image


f:id:wbfdoron:20181011214623j:image


f:id:wbfdoron:20181011214705j:image


f:id:wbfdoron:20181011221004j:image

 

 

パン ( morimotoのミニバンです⬅ いつも買ってきて食べてます ) 、おにぎり、インスタントラーメンですね。

ドリンク類は、

 


f:id:wbfdoron:20181011215050j:image


f:id:wbfdoron:20181011215118j:image


f:id:wbfdoron:20181011215206j:image

 

アルコールはひととおり、ソフトドリンクはもちろんあります。

食べる物を見ると、なんとなく国内線スイートラウンジと同じような気がします。

ラウンジの外にはフードコートがあります。

 


f:id:wbfdoron:20181011215649j:image

 

こちらはメニューがたくさんあるので、こちらを利用した方がいいかもしれません。

せっかく来たので、バンとおにぎりを頂いてから、

写真用にワインを飲んでみました。

 


f:id:wbfdoron:20181011220838j:image

 

ではソウルに向かいます。