wbfdoronのブログ

千歳起点で17年度SFC修行を終えました。長時間飛行機に乗るのは苦手です。

興部村のプラン

ツィッターで面白い情報を流してくれた人がいるのですが、

残念ながら対象者が道外居住者に限られているために、

私は参加出来ません。

ANAの特典航空券も対象になるとのことですので、

UA特典によりお得な旅程になるかもしれません。

ただしUA特典の利用でも対象になるかどうかは未確認です。

 


f:id:wbfdoron:20180410131527j:image

 
f:id:wbfdoron:20180410131553j:image

f:id:wbfdoron:20180410131616j:image

ホテルは、

 


f:id:wbfdoron:20180410131808j:image

 
f:id:wbfdoron:20180410132720j:image

 

一泊2食付きなので、高くはないと思います。この宿泊がほぼ無料になります。 

興部村の位置ですが、

 


f:id:wbfdoron:20180410131951j:image

f:id:wbfdoron:20180410132028j:image


f:id:wbfdoron:20180410132044j:image


f:id:wbfdoron:20180410132117j:image

 

羽田↔オホーツク紋別空港を往復してホテルのプランを利用すると、10000円の助成金を申請出来ます。

 この制度がいつまでもつか分かりません。

それにしても、道外居住者限定というのが・・・・・

 例えば大阪からでも、UA10000マイルで往復出来ます。

 


f:id:wbfdoron:20180410152932j:image


f:id:wbfdoron:20180410152952j:image

 

行こうかなと思った人は、申請書類などをダウンロードして調べてみて下さい。

 

 

 

UA特典 9

4つ目の旅程は、UA10000マイルを利用して、

新千歳↔米子を往復します。

年明けに、米子の皆生温泉のホテルが、

セール料金で楽天に出ていたのを予約してありました。

航空券は、最初からUAマイルを使うつもりでホテルを予約した、温泉一泊旅行です。

新千歳↔米子には直行便がなく、ANAマイルを使ったり、現金払いすると航空券が高くつきます。

このような場合も、UAマイルは片道5000マイルで済むので、

利用しやすいケースになります。

予約は、

 


f:id:wbfdoron:20180409131737j:image

 

往路は、

新千歳➡秋田➡羽田➡米子、

 


f:id:wbfdoron:20180409132030j:image

 

復路は、

米子➡羽田➡函館➡新千歳、

乗ったり降りたりしているので、退屈する暇はないでしょう。

UAマイルの予約時の欠点ですが、

座席変更とANAアブリのへの紐付けを、

いちいちANAデスクにtellしなければならないのが面倒です。

ということなどもありますが、UA25000マイルを利用して、4旅程の予約を何とか終えました。

後はスターポイントからまた移行して、次のプランを考えることにします。

4月26日に1回目の搭乗予定です。

さて実践編がどうなるか、ですね。

 

チェジュ

どうにも日程が合わないので無理だったのですが、

 


f:id:wbfdoron:20180406100922j:image

 

この1000円セール。

今見ると、

 


f:id:wbfdoron:20180406101014j:image

 

この日が埋まってません。

早い者勝ちですよ。

私は予約しませんから。

( 15日に別の予約を入れてるため )

UA特典 8

ようやく病欠していた人が復帰することになりました。

さてこれで安心して休みを取れるかなと、思ったりしてみましたが、

油断は禁物、とにかくツイてない最近の状況では、

何が起こるか分かったものではありません。

その辺りを考えると、ここは立ち止まって、やはり休日を当分の間は、

2連休以内に留めて置くことにします。

しかし一泊2日では、プランがかなり少なくなり、旅行などとは呼べない行程になりそうです。

でもまあ、そういう時もあるとポジティブに考えて、

次の予約を進めます。

UA特典3行程目です。

 


f:id:wbfdoron:20180405112638j:image

 

これはすでに購入している、Peachの新千歳➡福岡の片道航空券です。

購入した時点では、福岡で乗継ぎして他で一泊、

そこから新千歳に行く行程を変則にして、もう一泊してから帰るつもりでした。

しかし休みが2日では、次の日に帰らなければなりません。

そこで無理矢理ですが、今年は一度も行く予定がなかった那覇に泊まることにしました。

( 時間的に泊まるだけですが )

 


f:id:wbfdoron:20180405212521j:image

 

これを日本語サイトで探して、

 


f:id:wbfdoron:20180405212633j:image

 

予約しました。

しかしこれでは、関空迄しか行けません。

ここはこのコインの出番でしょう。

 


f:id:wbfdoron:20180405213328j:image

 

ダイヤ特典のコインを使って新千歳に戻ります。

今回は修行中を思い出すようなプランになりましたが、

今年一回位は、沖縄に行ってもいいかなということで、

納得しようと思います。

 

道内7空港民営化

2020年6月の新千歳空港民営化よりスタートする、

道内7空港民営化に向けたスケジュールが、

いよいよ動き出しました。

3月には実施方針が発表され、4月は募集要項の公表がある予定です。

実施方針は、現在第2次審査中の福岡空港と比較すると対照的なものとなりました。

 


f:id:wbfdoron:20180402193241j:image

 

①分割金と、②一時金の入札条件が正反対になっています。

道内7空港は、分割金は固定されており、一時金は入札です。

福岡空港は、一時金が固定で、分割金が入札となります。

道内7空港の分割金の負担を下げたのは、設備改修費用の負担増が見込まれるためとされています。

最低入札価格については、福岡空港が道内空港の2倍以上の金額になっていますが、

福岡空港の落札には、この金額の更に2倍以上が必要となるかもしれません。

道内空港については、1000億円にどの程度上乗せ出来るか、

というところが相場でしょうか。

ただ、入札金額が審査点数全体に占める割合は、

福岡空港が30%、道内空港が20%となっています。

つまり、金額的なことより、事業戦略とそれに基づく具体的な提案内容を点数化して、

落札業者を決定する方針です。

点数化 ( スコアリング ) の基準がどうなっているのか、興味あるところです。

 

UA特典 7

一夜明けてさっそく新年度が始まりました。

でも今日は日曜日のため世の中に動きはなく、

私個人的にも、何も変化はありません。

しかし予約というものには、据え置きの一日などはなく、

決断をしなければ、選択肢が狭くなってくるばかりです。

ようするに3連休が確保出来るのか、この点が依然明らかになりません。

やむを得ないので、2連休に予定を縮めて予約を確定させることにします。


f:id:wbfdoron:20180401192421j:image

 

このエアアジアセントレア行の片道予約に繋げるのは、

 


f:id:wbfdoron:20180401192759j:image

 

 

松山経由 ( 一泊 ) 新千歳行きにしておきます。

( UA 5000マイルです )

とにかく予定より一日少ないので、もう一捻りの予約が出来ないのが残念です。

まだ四国には行ったことがないので、初めてだから行ってみようと考えて妥協しました。

 

前回と同じく日本語サイトに移動して、

 


f:id:wbfdoron:20180401193737j:image

 

これで予約します。

 


f:id:wbfdoron:20180401195549j:image

 

前回忘れていたのは、予約の際、

 


f:id:wbfdoron:20180401194054j:image

 

この 「 新しいフリークエントフライヤーの追加 」 というところで、

ANAの会員No.を入れておくと、

 


f:id:wbfdoron:20180401194419j:image

 

ANAアプリからでも、予約を見ることが出来るようになります。

ただし、座席の変更はサイトでは出来ないので、やっぱりANAに電話しなければなりません。

このあたりはどうも面倒ですね。

次はPeachの福岡行きをどう繋ぐかです。

年度末

今月は年度替わりの3月です。

私は月始めに奄美大島に行ってから、同僚の病気、怪我から始まって、

なぜかツキに見放された、という出来事ばかりでした。

年度が替わって、流れが変化するといいんですけど。

そんな中で、デルタ航空の 「 ニッポン500マイルキャンペーン 」 が継続になるとのニュースです。

これは意外、デルタは日本発着路線を縮小しており、

殆ど日本からは腰が引けているように見えていたのですが。

デルタ系のカードを持っていない限り、国内線搭乗10回で5000マイルと、

( カードを持っていると、40回2万マイル迄 )

大した数字にはならないのですが、

国内線なら何でもよいという 「 持ってけドロボー」 的ないい加減さと、マイルが無期限のためなくならないという長所から、皆さんも貯めていると思います。

私のデルタスカイマイル残高は、2年分の1万マイルなので、今年の5000マイルを獲得すると、

新千歳 ➡ ソウルの片道を、ビジネスで予約出来る計算になります。

でも今のところ10回乗るのは6月迄かかりそうです。

( LCCを含む ➡ LCCでも良い )

来月はどうかツキが変わりますように。

と言っても、もう明日からですが。