wbfdoronのブログ

千歳起点で17年度SFC修行を終えました。長時間飛行機に乗るのは苦手です。

病院であった怖い話

私は自宅近くの内科に毎月、血圧を下げる薬を受け取るために行っております。

そこの待ち合い室で、先日このようなことがありました。

その病院の待ち合い室はかなり昔に造られたタイプで、

ベンチシートがいくつか平行に並んでいます。

シートは全部同じ向きに置かれていて、一番前のシートの前方には受付があります。

患者は受付を済ませたら、座っている他の患者の方を向いて歩き、

何処か空いている席に座ります。

つまり受付を済ませた直後は、他の患者と顔を合わせる訳です。

私がシートに座っている時、一人の女のコが受付を済ませてこちらを向きました。

その女のコの顔を見た途端に一目惚れしました。( 冗談です )

20代前半位のすごく可愛い子でした。

その子は私の横を通り過ぎて、私の真後ろの席に座りました。

初診の患者の場合、ここで呼び出しを受けて、問診があります。

この問診は普通、奥の方にある専用のコーナーで、

看護士と一対一で行われます。

ただ、忙しい時 (専用コーナーが空いていない時など ) には、看護士が待ち合い室までやって来て話を聞くこともあります。

この時は看護士がこちらに来て、私の後ろの女のコに話を聞いていました。

この後ろのシートと私の距離ですが、せいぜいプレエコ程度しかありません。

話はまる聞こえです。

看護士

「 今日はどうしたのですか。」

から始待って、風邪の症状についてあれこれ聞いていました。

で、

看護士

「 便は出ますか?」

女のコ

「 むにゃむにゃ」

( 声が小さくて聞こえません、そもそもそのような話は聞きたくありませんし )

看護士

「 そうですか、2日に1回位なんですね。」

( こちらが恥ずかしくなってきました。)

看護士

「 2日に1回ならそんなに酷くはないですね。」

( お願いですからその話は止めて下さい。)

私はその後、先に呼び出されて立ち上りましたが、

その女のコの顔を見ることが出来ませんでした。

この子はもうこの病院には来ないかも、と思いました。

この看護士のお姉様、何か怖いです。

私もこの病院通うの止めようかな。

 

 

 

 

 

UA特典の2

UA特典で新千歳に到着する片道利用を考えると、

私の場合は、札幌から陸路で行ける空港から出発するのが都合がいいと言えます。

一番近い所は旭川空港で、その他は函館あたりになりますが、

函館は札幌からバスで4時間以上と、遠すぎるので出来れば行きたくありません。

( ANA特典という選択肢は、あまりコスト的に良くありません。)

旭川にバスで行くと、

 


f:id:wbfdoron:20180218191836j:image

 

旭川空港迄3時間30分位です。

料金は2860円となります。

バスの時刻表を見ると、

 


f:id:wbfdoron:20180218192049j:image

 

朝出発すると、お昼前には着けそうです。

午後に旭川空港から出発するとしますと、

 


f:id:wbfdoron:20180218202219j:image

 


f:id:wbfdoron:20180218202243j:image

 


f:id:wbfdoron:20180218202309j:image

行き先としては、福岡、富山、秋田の3空港のうち予約が取れた所でどうでしょうか。

いずれも1泊して新千歳に戻る旅程です。

費用はバス代が2860円、UA5000マイル、1泊分の宿泊代金、後は飲食費及びその他の交通費などです。

この旅程については、旭川行きのバスにはいつでも乗れそうなので、

航空券の取れた日に、休みを取れればいいだけです。

実行に問題は無さそうなので、この旅程を計画したいと思います。

と考えた途端に、JR北海道からニュースが出てきました。

4月1、8、15、22日に限り使用出来る、道内JR線及び道南いさりび鉄道の普通・快速列車が乗り放題の割引切符が、利用日の1ヶ月前から発売されます。

料金は1枚3500円です。( 小学生500円 )

この切符の発売は、北海道命名150年の記念事業の一つとして行われます。

これを使えるかまた考えてみます。

 

 

 

スターポイント購入

まずは予定通り5000スターポイントを購入してみます。

SPGのサイトから購入します。

 


f:id:wbfdoron:20180217130207j:image

 

3月16日付迄に5000ポイント以上購入すれば、

35%割引の価格になります。

上限は1年間に30000ポイントです。( 1月~12月迄を1年とする )

申込むとすぐにメールが来ます。

( SPGアメックスで支払い )


f:id:wbfdoron:20180217130955j:image


f:id:wbfdoron:20180217131008j:image

 

で、次の日にこのメールが来ました。

 


f:id:wbfdoron:20180217131141j:image

 

このキャンセルの理由は、SPG入会後2週間を経過していない為だと考えられます。

自分では2週間を過ぎたと思っていたのですが。

仕方がないので、3日程待ってもう一度トライしました。

 


f:id:wbfdoron:20180217131720j:image

 

今度は確認メールが来たので、購入出来たようです。

1日後には、

 


f:id:wbfdoron:20180217131910j:image

 

アプリに反映されていました。

為替レートを見てみます。

 


f:id:wbfdoron:20180217132054j:image

 

このレートだとポイント価格は、

 


f:id:wbfdoron:20180217132205j:image

 

こんなところでしょうか。

ポイント単価は、

 


f:id:wbfdoron:20180217132749j:image

 

もっと円高にならないかな。

 

 

 

春節

中国の大イベントにあたる、春節シーズンに入りました。

新千歳の国際線発着便は13~22日の間に646便の予定で、

昨年より146便の増加と、中華圏の航空会社は新千歳に飛ばす便をかなり増やしています。

ところが、一括で民営化される予定の、道内の他の空港がどうもよろしくないようです。

函館空港は昨年、中国本土との定期便2路線が運休しました。

そして今回の春節シーズンは、中華圏内からのチャーター便がゼロという状況です。

釧路空港は16年の春節シーズンに、

チャーター便19便が運行されましたが、17年、今年と2年続けてゼロになりました。

帯広空港は16年に36便あったチャーター便が、今年は8便です。

つまり新千歳の発着枠を増やすと、他の空港へ飛ぶ便が減って、

新千歳便だけが増加する結果となっています。

新千歳に到着して、まず札幌のホテルに向かい、

そこから周辺の観光地を見て回る、という団体旅行が中心では、他の空港の出る幕がありません。

一括民営化は、新千歳の黒字で他の空港の赤字を補填する計画を否定しています。

( 赤字分は国と自治体の補助金で補填される予定 )

参加するグループがどのようなプランを持っているのか、

それともこれから考えるのか、現実的な計画を期待していますが、

なかなか難しいと思われます。

国土交通省は入口➡出口を分割して、

( 千歳に到着➡他の空港から出発、この逆もあり )

観光を広域的に展開するべき、という例を上げています。

一つの会社て複数の空港を運営するのだから、空港使用料などは弾力的に運用すればよい、ということだと思われます。

うまく行けばいいけど。

空港民営化スケジュール

北海道内7空港の民営化スケジュールが発表されました。

新千歳空港は2020年6月に先行して実施、2020年10月に旭川空港

2021年3月頃に、函館・帯広・釧路・女満別稚内の5空港を民営化する予定です。

( 夏の繁忙期と冬の降雪期間を避けるため、10月及び3月にしたようです )

段階的に民営化する理由としては、

20年夏の東京オリンピック前に、新千歳の民営化を間に合わせたいという狙いがあります。

新千歳空港の先行民営化によって、着陸料の引き下げや、

空港ビルの活性化などで民間事業者としての経営実績を積み上げてから、

他の空港経営をスタートさせるつもりでしょう。

先に美味しい所から始めさせて、苦労はその後で、なんてところですかね。

事業者決定のスケジュールは、

18年3月に運営権売却の実施方針を公表、

18年4月に募集要項公表、

19年7月に運営事業者決定、

となる予定です。

地元の北海道連合が順当に運営権を獲得出来るのか、

それとも 「 え~っ 」 なんてことが起きるのか、

今から結果が楽しみです。

 

新幹線札幌駅

北海道新幹線の札幌駅を、何処に造るのか決定する期日が3月末に迫ってきました。

札幌市の主張する、現在の札幌駅 1、2番ホームを新幹線専用ホームに改築する案 ( 現駅案 )と、

JR北海道が主張する、現札幌駅の200m東に新幹線専用の駅舎を新築する案 ( 大東案 ) の2つの案のどちらかに決まる予定です。


f:id:wbfdoron:20180211214703j:image

 

f:id:wbfdoron:20180211214555j:image


f:id:wbfdoron:20180211214626j:image

 

 

現駅案の工事代金試算は570億円、これに対して大東案は625億円です。

JRは、この差額55億円をJRが負担するとして大東案を主張しています。

この案では駅舎はこの辺りに造られます。

 


f:id:wbfdoron:20180211215004j:image


f:id:wbfdoron:20180211215050j:image

 

 ここは地下鉄東豊線札幌駅に近く、私個人的には便利です。

一方現駅案は地下鉄南北線札幌駅に連結しています。

札幌市と札幌の経済界は現駅案を支持です。

ではJRは何故新しい駅舎を造りたがっているのか?

JRは当初より、出来るだけ在来線の運行に影響を及ぼしたくない、

という主張をして来ました。

つまり現駅案では、在来線の運行本数をかなり減らさなければならないので、

駅舎を西か東に新築すべきであるとの意見です。

この考え方からあちらこちらを検討して、最後に今の大東案をまとめました。

これに対して現駅案は、ホームを若干狭くする修正などにより、

在来線への影響を殆ど無いようにしています。

どちらに決まるのかは予想がつきませんが、

JRについては、55億円の負担増に財政的根拠はありません。

ローカル線の存廃問題では、国の支援を待っている状況です。

つまり無い袖を振っているようにしか見えません。

まずJR北海道をどうするのかを、決めた方がいいかも。

254万人

雪まつりの来場者数は254万人となりました。

昨年より10万人減です。

大通会場の会期は昨年より1日多い8日間でした。

降雪の影響は最終日にあり、千歳空港で27便の欠航が出ています。

お客様の数が減少したのは、中国の春節前の日付だったことと、韓国でのオリンピック開幕と重なったこともあるのかなと考えます。

現在外国人観光客が、右肩上がりで増加している中でのマイナスは、

見直しすべき点があると捉えるか、

オリンピックと重なった日程を考慮すれば、かなりの善戦と言えるのかは、

人それぞれだと思います。

私は今年大通、つどーむ会場両方行って見たのですが、

両会場を結ぶ連絡バスが、何故有料なのか甚だ疑問でした。

乗客の半数が外国人なのに、一人ずつ現金を用意しなければならず、

( 大通↔つどーむ間は210円、地下鉄栄町↔つどーむ間は100円 )

降車の時に、支払いの為かなり時間を要していました。

私の記憶では、以前このバスは無料だったはずなのですが。

是非無料に戻して頂きたいと思います。

後は大通会場で飲食時に利用する、テントなどの屋内席が足りないように感じました。

気温が低い時や雪が降っている時は、殆どの人が、外では飲んだり食べたり出来ません。

もう少し会場の店舗と、屋内客席のスペース配分を見直した方がいいのでは。

などと注文は色々ありますが、多くの人が楽しく過ごせるようにして行けたら良い、という基本は皆さん同じだと思います。